ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

今年は高い気温が続き、雨が少ない状況・・・「マツタケ」などキノコの発生に影響。直売所やイベントに影響。

テーマ:各地のニュース

 今年は高い気温が続き、雨が少ない状況から、マツタケなどキノコの発生に影響し、直売所やイベントに影響が出ている。

 アメダスの観測データで上田の8月1カ月の平均気温が過去最高。
 月降水量では、これまで7番目に少なく、9月は局所的な大雨はあったものの同様の傾向が続いている。

 例年だとマツタケが多く並ぶ時期。
 しかし、長和町の和田宿ステーション特産物直売所では、今月23日に2本、24日に1本のみで、その後の入荷の見通しがないという。
 関係者が口をそろえて言うのは「気温が高く、山が乾燥している。雑キノコも出ない」。
 直売所のホームページでは「入荷未定」「入荷はございません」のお知らせが表示されている。

 本紙でもお知らせで紹介した10月2日から8日までの鹿教湯温泉「食・浴の秋祭りウィーク」のプチマルシェでも、地元産マツタケの入荷の見通しがないことから、販売ができないことが濃厚になっている。

 10月1日の「武石のうつくしの湯の収穫祭」でも地元マツタケの販売はできない可能性が高いとしている。

 気温の低下と適度な雨が欲しい状態だ。