ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

東御市の「身体教育医学研究所」が「ボッチャ用品」を寄贈! ★東御市の全5保育園に

テーマ:とうみニュース

【園児にボッチャ用具を手渡す岡田所長(右)】

 東御市布下の公益財団法人「身体教育医学研究所」はこのほど、市立の全5保育園に「ボッチャ用具」を寄贈した。

 滋野保育園では寄贈式があり、岡田真平所長が年中組園児の代表者に手渡した。
 引き続き体験会があり、園児は楽しそうにボッチャのボールを投げていた。

 同市では「みんなの健康×スポーツ」実行委員会を中心にパラリンピック競技「ボッチャ」の普及を通じて”誰もが身近でスポーツに親しめる環境づくり”に取り組んでいる。

 今回は、ボッチャ用具の入れ替えのため旧用具を寄贈したもの。

 岡田所長は「小さい時から体験することはボッチャの普及につながるので、誰もが参加できる交流の場として今後も広めていきたい」と話していた。