ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田法人会が「パントマイム学校公演」を行う! ★上田税務署管内の小学校など6カ所で

テーマ:上田市ニュース

【児童の代表がパントマイムの「壁」を発表】
【自転車の曲乗り】

 一般社団法人上田法人会(出田行徳会長)は「パントマイム学校公演」を、このほど2日間、上田税務署管内の小学校など6カ所で開いた。

 上田市住吉の市立神科小学校では体育館に集まった全校児童683人が、マイミストの小島屋万助さんと、羽鳥尚代さんのコミカルなパフォーマンスを身を乗り出して見入った。
 ジェームスさんの「自転車の曲乗り」には、大きな手拍子が湧いた。

 小島屋さんの指導で児童全員がパントマイムの「壁」に挑戦。
 「目の前に壁があると想像してピタッ、ピタッと手を動かして。体の方向と反対に手を動かすと手が止まって見えます」などとアドバイスを受けながら体を動かした。
 各学年の代表6人がステージに上がって堂々と演技を発表した。

 同校3年の有賀蓮太さんは「いろいろなパフォーマンスがあって楽しかった。パントマイムを練習して家でもやってみたい。そうすれば多分、みんながすごいと思ってくれると思う」。

 同校3年の坂口陽波(ひなみ)さんは「ミニの自転車に乗った時はドキドキした。『壁』を家族にもやって見せたい」と話していた。

 パントマイム学校公演は同会青年部が主管。
 地域社会貢献事業として1996年から毎年実施してきた。
 2020年と21年は「コロナ禍」で中止して昨年から再開し、今年で26回目となる伝統の事業として取り組んでいる。

 上田市立武石小学校や東御市立滋野小学校、上田養護学校、児童養護施設森の家はらとうげ、まるこ福祉会の障がい者支援施設きらりでも公演した。