ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市の上田染谷丘高校にインドネシアにあるインターナショナルスクールの生徒が訪れる! ★体育の授業などで交流

テーマ:上田市ニュース

【輪になって英語でフリートーク】
【上田染谷丘高の生徒がダンスを披露】
【インドネシアの生徒による民族打楽器の演奏】

 上田市上田の上田染谷丘高校に、このほど「インドネシア」にあるインターナショナルスクールの生徒29人が訪れた。
 体育の授業で一緒にバレーボールをするなどして交流した。

 一行は長野県が受け入れている「訪日教育旅行」で来日した。
 年齢は14歳と15歳。
 染谷ホールで開いた歓迎セレモニーには、国際教養科の2年生と3年生有志が参加。
 上田染谷丘高校は「ダンス」を披露。
 インドネシアの生徒は「民族打楽器を演奏」して交流した。

 その後は数人ずつのグループに分かれてフリートーク。
 10分間の制限時間内で、英語で自己紹介したり、質問し合ったりした。

 3年の趙涵(ちょう かん)さんは「インドネシアではヒップホップやKポップが流行っていると聞き、邦楽を薦めた。インドネシアの雰囲気を感じることができて良かったです」と話した。

 県が受け入れる「訪日教育旅行」は「コロナ禍」で、2020年度と21年度は中止し、昨年度から再開した。

 英語科の村山美耶子教諭は「国際感覚とコミュニケーション能力を身につけるのが狙い。実際に会って英語で話すことで、その国に対する固定観念が払拭され、1人の人として見ることができるのでは」と期待する。