ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

「上田城の復元」に向けた機運醸成や募金などを市民が主体的に行おうと「上田城復元の夢を叶える市民の会」が設立総会を開く!

テーマ:上田市ニュース

【「上田城復元の夢を叶える市民の会」設立総会】
【募金箱】
【あいさつする柳澤会長】

 上田城の復元に向けた機運醸成や募金などを市民が主体的に行おうー。   
 「上田城復元の夢を叶える市民の会」が、このほど「設立総会」を上田商工会議所で開いた。

 上田市では、上田城跡公園での武者溜りの復元、本丸にあった「4基の櫓(現在ある3基の櫓と合わせて本丸に7基の櫓があった)」と「西虎口櫓門」「土塀」の復元的整備を目指し、発掘調査を進めている。
上田城跡保存活用計画の今年度中の「文化庁認定」などを目指している。
 事業費として「ふるさと寄付金」での寄付の呼びかけも行っている。

 上田城復元の夢を叶える市民の会は、上田市と連携。
 上田商工会議所、上田市商工会、真田町商工会、上田・城下町活性会、上田青年会議所、上田市自治会連合会、上田市文化芸術協会、丸子文化協会、真田町文化協会、信州上田観光協会、長野県宅地建物取引業協会上田支部、上田藩主松平家ゆかりの子孫や藩主に関心のある有志などでつくる明倫会ーの12団体の代表らで構成。

 発起人代表で会長に選出された栁澤憲一郎・上田商工会議所顧問は「設立されて感無量。上田城は市民の心の支えであり、売りに出されていた2つ櫓を我々の先輩の皆さんが買戻して今の北櫓、南櫓になっている。明治の初頭の姿を復活したい。主な事業としては皆さんへの機運醸成、募金・寄付への支援で、強い熱意を持って行いたい」とあいさつ。
 活動は2年程度を目安にするとした。

★今年度事業は
 ・今月29日の「上田城シンポジウム2023」でのPR活動
 ・イベント会場などで寄付金、募金の活動支援
 ・櫓復元に向けた懸賞金制度のPRーなど。

 専用の募金箱を作成し、2000円以内を目安に寄付を呼び掛ける。
 上田商工会議所などやイベント会場に設置。
 集まった募金は上田市に寄付する。

 事務局は上田商工会議所に設置。
 (電話)0268・22・4500。

★会長以外の役員は次の通り(敬称略)。
 ▽副会長 堀内健一、水野正四、野村康太、樋口盛光
 ▽監事 中村彰、竹田貴一