ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

「上田市健康麻雀交流大会」2023【結果】(14日・上田市の城南公民館)

テーマ:上田市ニュース

【大会参加者。手前中央が川口さん】
【上田市健康麻雀交流大会】

 第8回上田市健康麻雀交流大会が14日、上田市の城南公民館で開かれ、5地区から20人が参加した。
 「個人優勝・東信ジャーナル杯」は、川口博司さん(70)=城南・朝日ヶ丘=となった。

 交流大会は定期的に各地区で開催。
 今回は「城南健康麻雀楽しむ会」=小林郁男会長=が主管。
 中丸子、築地、五加、藤之木、城南の各地区から4人ずつが参加した。

 競技は、半荘4回戦で、2回戦からは成績上位順に卓を決定。
 成績は、4回戦の合計得点順。
 大会では、参加者が手持ちの牌や相手の捨て牌を見てよく考えながら、面子の組み合わせを作っていた。

 個人1位の川口さんは合計得点2068点。
 川口さんは「学生時代から50年ほど麻雀を楽しんでいる。麻雀のおもしろいところは頭を使うこと。優勝は初めて」と喜んでいた。
 川口さんは将棋でもアマ名人戦県大会の元名人などで活躍。

★個人2位以下10位までは次の通り(敬称略)。
 ②小林郁男・城南③前田八洲雄・城南④水野勝雄・五加⑤中澤清人・藤之木⑥木下純一郎・中丸子⑦松澤博明・藤之木⑧小澤厚・中丸子⑨龍野尚明・築地⑩田端宏・五加

★団体の優勝は城南、2位が五加、3位が築地。

 小林会長は「団体で前回は最下位だったが、皆で頑張り優勝できて良かった」と話していた。