ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

「高齢者文化祭」2023が開催! ★上田市高齢者センターで活動する「教養クラブ」が日ごろの成果を発表。

テーマ:上田市ニュース

【ゆうゆうダンスクラブの発表】
【フラワーアレンジメントなどが並ぶ展示発表】
【手品を披露】

 第46回「高齢者文化祭」が、このほど上田市天神3のサントミューゼで開かれた。
 同市常磐城の市高齢者センターで活動する「教養クラブ」が日ごろの成果を発表した。

 小ホールではカラオケや詩吟、大正琴など9クラブがステージ発表。
 多目的ルームでは書道や陶芸、パソコンなどの13クラブが作品展示やクラブ紹介を行った。

 文化祭は、これまで市高齢者福祉センターで開いていた。
しかし、クラブ員による会場の設営や駐車場の車両誘導などが困難となり、初めてサントミューゼで開催。
 「コロナ禍」で中止が続き、昨年は3年ぶりに無観客で展示発表のみ実施した。
 同センターでは、20クラブで約450人が活動する。

 開会式で、同市御所の実行委員長、竹岡昭美・利用者協議会長(81)は「発表をゆっくり見ていただき、クラブ活動に興味があれば遠慮なくお聞き下さい」と呼びかけた。

 手品クラブの5人はシルクの布やリングなどを使った演技を披露し、技が決まると客席からは「おー」と歓声が上がる場面も。
 同市下塩尻のクラブ長、溝口悦子さん(75)=は「手品の魅力意外性。 きょうはいつものセンターとは雰囲気が違うのでドキドキでした」。

 青木村田沢の齋藤由利子さん(69)は「プレッシャーは大きいが、衣装を着ると気分が若返ります」と話していた。