ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市の長福寺が「節分厄除大護摩祈祷」2024を行う!

テーマ:上田市ニュース

◆加持宝剣を受けて参拝者が本尊を参拝

【村越住職のあいさつ】

 上田市下之郷の長福寺(村越深典住職)は3日、恒例の「節分厄除大護摩祈祷」を行った。
 本堂に集まった檀徒ら約50人が無病息災や家内安全などを願った。

 村越住職が護摩木を焚き上げ、参拝者らの厄除けや心願成就、開運招福などを願う祈祷を行う中、参拝者1人ひとりが「宝剣加持」を受けて本尊薬師如来へ参拝した。

 村越住職は「節分が土曜だったことで、思った以上の参拝者があった。今年が皆にとって良い年であるよう願う。また北陸大地震の被災地の早期の復興を願う」。

 児玉文武副総代は「コロナ禍前を思い起こさせる参拝者の回復が見られた。普通の暮らしが戻りつつあるので、前にも増して多くの人に寺を訪れてほしい」と話した。

 同寺は奈良時代中期の作と推定される国指定重要文化財「銅造菩薩立像(救世観音)」が境内の信州夢殿に安置される名刹。節分には厄男や厄女をはじめ多くの檀徒らが参拝している。