ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市の神科第一保育園の園児が「ヤーコンの植え付け作業」を体験! ★園から徒歩20分ほどの高台にある倉島今朝松さん(75)の畑で。

テーマ:上田市ニュース

【ヤーコンにそっと土をかける園児】

 上田市住吉の市立神科第一保育園の年長児29人はこのほど、園から徒歩20分ほどの高台にある倉島今朝松さん(75)の畑で「ヤーコンの植え付け作業を」体験した。
 園児は種イモの芽を上に向けて穴に入れ、そっと土をかけた。
 今後は随時、畑を訪れて生長を観察し、秋には収穫体験を行う計画だ。

 ヤーコン栽培は、金剛寺地域の遊休荒廃農地解消を目指して2005年から取り組んでいる。
 毎年、園児を招いて農業体験を行っている。

 青木充子園長は「土に触れて実際に体験することで、子どもたちが得ることは多い。地域の味を知る機会にもなります」と感謝する。

 倉島さんは、今年は体験用と市内小中学校の給食用として約200坪の畑でヤーコンを栽培し、ヤーコン焼酎の販売も予定する。
 「子どもたちに若さをもらって続けています」と話していた。