ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田交通安全協会が「定期総会」2023年度を上田高砂殿で開く!★表彰なども行う。

テーマ:上田市ニュース

【総会会場であいさつする岡田会長】
【表彰を受ける代表者 県連名表彰】
【上田連名表彰】

 上田交通安全協会は、このほど「令和5年度定期総会」を上田高砂殿で開き、表彰なども行った。

 昨年度、上田安協管内の交通事故死者は4人。前年比1人増。
 負傷者数433人。同比マイナス8人。
 発生件数374。同比1件増。

 事故犠牲者への黙とうを行い、岡田宝正会長は「交通事故の特徴は、夜間、高齢者、歩行者、自転車で、死者を減少させるには高齢者対策が最も重要な課題で、全精力を注いで交通安全の啓発活動を実施する。交通事故防止に特効薬はありません。1人ひとりの力を結集し、目標を達成したい」とあいさつ。

 今年度の目標は、交通事故死者数を3人以下、交通事故重傷者を45人以下など。
◆重点施策は
 ▽高齢者の交通事故防止
 ▽通学路・生活道路等の安全確保と歩行者保護の徹底
 ▽自転車の安全利用の促進
 ▽全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
 ▽夕暮れ時と夜間の交通事故防止
 ▽飲酒運転等の根絶。

 高齢者交通安全モデル地区として、今年は上田市城下地区、東御市和地区とする。
歩行者保護のために生活道路で横断歩道の照明設置などを働きかける。
今年から「自転車指導啓発日」を、毎月5日と指定されたことを受けて警察と協働して啓発活動を強化する。

 定例表彰では、県警察本部長と県安協会長の連名表彰が27人と2団体、上田署長と上田安協会長の連名表彰が95人と1団体。

 被表彰者を代表して交通安全功労者の中央部会・常入支会、近藤敏雄さんが「名誉ある賞に恥じないよう交通安全活動に努力したい」と謝辞を述べた。

★長野県連名の受賞者は次の通り(敬称略、かっこ内は推薦部支会名か事業所名)。
 ▽交通安全功労者 上島孝雄(常入)、花村賢一(塩尻)、石川昇(神川)、内田貴幸(神科)、玉木仁志(別所)、倉沢直史(別所)、佐々木勇(西塩田)、本間幸雄(東塩田)、春原和也(田中)、横沢利雄(本原)、堀内清(青木)、市川俊彦(青木)、染野伸茂(オルガン製針)、岡田宝正(本会)、竹内敏和(本会)▽交通安全功労団体 青木村民生委員児童委員協議会、信州上小森林組合青木支所
 ▽優良運転者 藤沢義則(駅前)、坂下繁行(塩尻)、小林久夫(別所)、吉澤精一(西塩田)、宮沢孝幸(東塩田)、矢野正義(田中)、山岸勝彦(滋野)、田中久和(和)、村松武(上田ガス)、西澤秀俊(上田自動車学校)、半田大介(上田自動車学校)、簾田利恵(真田自動車学校)