ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市の浦里小学校の児童が「ソメイヨシノ」を植樹! ★創立150周年を記念。

テーマ:上田市ニュース

【ソメイヨシノを植樹する1、2年生】
【1、2年生 記念撮影】
【記念植樹する3、4年生】

 創立150周年を昨年迎えた上田市浦野、市立浦里小学校(神田博幸校長)の全校児童50人は、学校敷地内に”ソメイヨシノ”の苗木3本を「記念植樹」した。

 児童は学年ごとに3つのグループに分かれて植樹。
 1、2年生15人は「大きくなーれ」と声をかけながら、苗木の根にスコップや移植ごてで土をかけた。

 池田莉子さん(2年)は「大きくなって満開の花を咲かせてほしい」。
 生島瑠南さん(同)は「ぐんぐん生長するように、休み時間には来て見てあげたい」。
 窪田葵依さん(同)は「見る人を明るい気持ちにする木になってほしい」と話していた。

 記念事業実行委員会の林秀直委員長(47)は「植樹したソメイヨシノはこの地に命を宿して大きくなっていく。花はみんなを笑顔にしてくれると思う」とあいさつ。

 学校近くに住む小泉強さん(75)は手作りの木製看板を寄贈。

 植樹の作業を手伝った渡邉惣伸さん(67)は「サクラの木は子どもたちの成長を見守っている。これから20年、30年が経ち大人になっても花を見に学校に来てほしい」と期待した。

 記念事業は「新型コロナウイルス」の感染状況を踏まえて昨年度は、実施せず今年度に行う。
 講演会や航空写真撮影などを予定する。