ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

長野県が「台風第13号」で発生した災害への「義援金受付」を開始!★県庁や各合同庁舎などに義援金箱を設置。12月31日まで。

テーマ:長野県発表ニュース

 長野県は、9月上旬の台風第13号で発生した「災害への義援金」を受け付けている。
 県庁や各合同庁舎などに「義援金箱」を設置している。
期間は12月31日まで。

 13号災害は、福島県、茨城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、静岡県の6県で被害が発生。
 9月15日までの消防庁のまとめで死者3人、負傷者21人、住家の全壊、床上浸水などは3861棟の被害が確認されている。

 義援金箱での受け付け時間は、閉庁日を除く午前8時半から午後5時15分。
 義援金は、日本赤十字社へ送金し、配分される。
 領収証明書が必要な人は、入金前に県庁では会計課、合同庁舎では地域振興局総務管理課に申し出る。

 日本赤十字社や共同募金会では「口座振り込み」での義援金の受け付けも行っている。