ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

東御市の造形家、羽田龍史さんと妻の染織家、はたじゅんこさん)が「作品展」(16日まで・東御市のお菓子処「花岡」の土蔵ギャラリー「胡桃倶楽部」)

テーマ:お知らせ

【羽田龍史さんとじゅんこさん】

 東御市の造形家、羽田龍史さん(74)と妻の染織家、はたじゅんこさん(72)が、16日まで同市田中のお菓子処「花岡」の土蔵ギャラリー「胡桃倶楽部」で作品展を開いている。

 龍史さんは、木に対して愛着があり、厚みのある作品を作りたいと、集成材を様々な形にカットし、アクリル絵の具で描いた。
 森や空、雲など自然を題材に、明るくカラフルな作品80点展示。
 「心とからだが弱ってきた人に見てほしい」という。
 また「見る側からだけでなく絵の方からも話しかけてくれる」そんな思いで描きたかったと、全作品に妖精のような顔を描いた。

 なかには戦争中のイスラエルの子どもに「休めるといいね」という想いで「弾丸ボーイ」と名付け、頭に包帯を巻いた”可愛らしいぼうや”が、顔を向けている作品もある。

 じゅんこさんはイタリアのトスカーナの風景を型染めにした作品7点展示。

 午前11時から午後5時まで。
 最終日は、午後4時まで。
 問い合わせ(電話)0268・62・2984(羽田さん)。