ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田地域の書道愛好者がつくる「清雲会」が「第41回 書展」(あす29日まで・上田市立美術館)

テーマ:お知らせ

【作品を展示した清雲会の会員】

 上田地域の書道愛好者がつくる「清雲会」は、あす29日まで同市天神3、市立美術館の市民アトリエ・ギャラリーで「第41回 書展」を開いている。

 会員18人が漢字やかな、調和体の31点と合作の屏風はりまぜを並べた。
 同会は「古典あり、創作ありでバラエティーに富んだ作品が並んだ」と来場を呼びかける。

 同会は1975年に結成。
 長野県展に挑戦する会員もおり、各支部ごとの勉強会などで腕を磨く。

 会を指導した中村清山さん、芳邨さん夫妻の遺墨も展示。東御市滋野乙の丸山廣代表(88)は「優しいが、何ごとも曖昧にすることなくきちんとする先生だった。基本に忠実にという教えはいまも、わたしから離れることはない」と話す。

 展示時間は、午前9時半から午後4時まで。
 最終日は、午後3時半まで。