ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

東信州の作り手が集う「クリスマス・マーケットat MMoP」(10日、11日・御代田町馬瀬口の複合施設「MMoP」) 東御市の「ココプロジェ」

テーマ:お知らせ

 東御市のココプロジェは10日、日、東信州の作り手が集う「クリスマスマーケット」を、御代田町馬瀬口の複合施設「MMoP(モップ)」で初めて開く。
 時間は、午前10時から午後3時まで。

 上田市や東御市、小諸市、佐久市などの作家や飲食店が出店。
クリスマスシーズンにちなんだ、クラフト作品、陶器、古着、本、生花やドライフラワー、グルメ、ワークショップなどを販売、提供する。
 出店数は2日間で延べ60店。

 ワイン生産者による剪定材を使ったクリスマスリース
 羊毛の手紡ぎ糸を使ったキャップ
 リメイク素材のカバンやアクセサリー
 蜜蝋で作るオーガニックなろうそくやフラワーポットなどのワークショップ
 イタリア料理やコーヒー
 オーガニックカレー
 タイ料理
 ドーナツ
 ハーブティー
 ヴィーガンスイーツ
 おやきやおにぎりなどが並ぶ予定。

 10日は東広場で、児玉家住宅の次男児玉寧さんこと”たまちゃん”による大道芸がある。

 主催は、マルシェなどのイベントを企画運営するココプロジェ。
 写真美術館やショップを展開するMMoPが、8日から25日まで実施している「クリスマス企画」の一環。
 
 ココプロジェ代表の宮下ゆう子さんは「室内なので、寒さを感じず楽しめる。地域のクリエイターの底力を見ることができると思う」と話している。