ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

別所線・別所温泉駅で物販を行う「駅ナカサービス」を開催中! ★上田市の別所温泉観光協会が上田電鉄(株)との協業で

テーマ:上田市ニュース

【別所温泉駅駅舎内での「駅ナカサービス」】

 上田市の別所温泉観光協会(山田圓淳会長)は、上田電鉄(株)との協業で、昨年12月から別所線・別所温泉駅で物販を行う「駅ナカサービス」を開始した。
 同観光協会員だけでなく、一般からの出店も受け付けている。

 あまり活用されていないスペースを生かして、観光客や住民に地元のよいものをPR、出店者も比較的安価で出店でき、多くの人がプラスになる企画。

 山田会長は「地元の良いところを再認識して活用することが活性化につながる」と話す。
 現在は、別所温泉駅内で出店でき、場所は駅舎内の改札前、駅舎玄関脇の屋外、駅の駐車スペース(キッチンカーなども想定)、展示されている丸窓電車も使用できる。

 これまで12月に2回、1月に1回、2月に1回開いている。
 地元で焙煎したオリジナルコーヒーやマコモを使った商品、リンゴジュースや弁当などを販売。

 担当している同協会の環境整備まちづくり委員長の滝沢一秀さんは「思ったより反響が大きく、乗降客から好評。1時間に1本の電車のため、待ち時間が多くなると思ったが、訪れる人、帰る人がいるので意外と忙しい。試飲などしてもらっており、地元ならではのものが求められていることから、評価されている」と話していた。

 出店日の基本は金・土・日曜日で、祝日なども任意で設定。
 時間は午前9時から午後5時まで。
 現時点で次は、3月第1日曜の出店が決まっているが、別の日でも希望者を受け付けている。

 出店費は同協会員が1回2500円、一般出店希望者は1回3500円。連続して出店する場合は3000円)。

 現在は別所温泉駅のみだが、将来的には他の駅にも拡大したいとしている。

 問い合わせ(電話)080・5657・6576(滝沢さん)