ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市が「新たな地域おこし協力隊員」に埼玉県深谷市から柿澤保さん(60)が今月から着任!

テーマ:上田市ニュース

【柿澤さん】

 上田市は3日、新たな地域おこし協力隊員として、埼玉県深谷市から柿澤保さん(60)が今月、着任した。
 上田市役所で辞令交付式を行った。
 任期は、最長で3年。

 柿澤さんは、オートバイのモトクロスで関東1位の好成績になるなどオートバイが好き。
 オートバイ雑誌などを出版社に勤務した後、郷里の赤城乳業に勤務、製造ラインの人員管理などを担当。
 定年退職と同時に「地域おこし協力隊員」に。

 長野県には、20歳代から初詣は善光寺に訪れ、スキー場、温泉、山、日本酒などが好きで頻繁に通っていた。
 立科町の「クラインガルテン」に、5年通う二拠点生活も行っていた。

 柿澤さんは「豊殿地域自治センター」に配属。
 稲倉の棚田や、信州上田クラインガルテン眺望の郷石清水に関わり、保全活動や情報発信、誘客、地域活性化などに携わる。

 土屋陽一市長から辞令交付を受けると、柿澤さんは「ほぼ毎週末、東信に通ってきた。番所ヶ原スキー場のシーズン券も購入した。これから上田市民として暮らし、棚田、クラインガルテンを多くの人に知ってもらい、イベントに参加してもらえるようにしたい。クラインガルテンの経験も生かしながら交流を促進したい」と抱負を語った。

 上田市では地域おこし協力隊で11人が活動中。
 任期を終えた8人が市内に定住している。