ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

高校生のフットサルチーム「83・SPIRITS」が「第2回 長野県U18フットサルチャンピオンズカップ」で初優勝!あす全国大会 ★青木村、上田市、長野市、千曲市のチーム

テーマ:スポーツ

【北村村長(中央)に全国出場など報告した
小林代表(中央左)と高校生メンバー】

 青木村、上田市、長野市、千曲市の高校生のフットサルチーム「83・SPIRITS(スピリッツ)」が「第2回長野県U18フットサルチャンピオンズカップ」で初優勝した。

 これにより、あす6日から8日に千曲市で開催する全国大会「第8回U18フットサルリーグチャンピオンズカップ」に初出場することになった。

 県大会は12月16日、17日、筑北村などで開催。
 参加6チームを2グループに分けて予選ラウンドのリーグ戦を行った。
両グループの上位2チームが決勝ラウンドに進出。
準決勝と決勝を行った。

 スピリッツは予選ラウンド2連勝でグループを1位で通過。
準決勝ではボアルース長野U18に4―1で勝ち、決勝ではアンビシオーネ松本に7―6で競り勝った。

 チームには青木村の高校生が8人いるため、27日には代表を務める同村殿戸の小林祐毅さんと、部長の小林明夢さんら高校生5人が村役場を表敬訪問。
北村政夫村長に県大会初優勝と全国大会初出場を報告した。

 代表の小林さんは県大会初優勝を報告し、全国大会に向けては「参加チームはFリーグ(日本フットサルリーグ)の下部組織のチームが多くて非常にレベルの高い大会なので、まずは1点、1勝を狙いたい」と話した。