ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

シナノケンシ㈱=上田市上丸子= 金子元昭社長(72) 「アメリカの人工衛星に関わる企業とパートナーシップを組んだ」

テーマ:上田市ニュース

 上田市上丸子のシナノケンシ㈱は、モータを主軸に「ASPINA(アスピナ)」を、コーポレートブランドとして世界展開している。
 昨年の経営や今年の展望などについて金子元昭社長(72)に聞いた。

<昨年のロボット、医療分野などの開発、経営や生産の状況は>
 前期はアメリカ市場が好調でボーナス的な売上げで予想外に増えたのに対して、今期は大口顧客の不振が2件あったことで売上げが下がってしまった。
 中国の経済が低迷したことも影響している。
円安には助けられている。
 医療分野、宇宙など新分野開拓は進んでいるが、どちらも認可などに手間がかかるため、前期、今期は大きな伸びは見込めない状態。本格的な立ち上げは来期の見込み。
 中国で開発され、中国国内向けの新商品は好調に増えてきた。中国メーカーが、製品のPRを依頼しているわけではないが私共の社名のモータを使用していると打ち出している。
モータの生産目的で進出した中国だが、進出して32年、大きな市場の中国に根差した商品が展開できるように進化し、とても嬉しい。

 <課題を踏まえて行いたい改善点や目標は>
 モータはさまざまな製品に使用されることから強靭性があるが、更なる強化として、全ての工程、作業、間接業務などの効率を上げる。
 残業時間をかなり減らしており、月平均1人7時間未満になっている。
 効率化のためDXを活用し、システム化に力を入れる。
 新分野開拓は継続して強化する。
 新しい顧客のため、モータによるどのような動きが必要なのかを確認し、顧客からの発注を待つだけでなく、こちらから適切な提案ができるように仕組みの改善を行う。

 <新分野への挑戦は>
 工場内で物を運搬する自動搬送ロボット・AMRは今年の発売に向けた最後の段階に来ている。
 これを市場に出して育てる。
 医療分野は呼吸器系の用途が広がり、新しい案件が増えており、人員も増強して対応したい。
 宇宙分野は日本だけでなく、アメリカやヨーロッパでも活動を広げる。
 アメリカの人工衛星に関わる企業とパートナーシップを組んだことから、これからが楽しみ。

 <本社改築の状況は>
 2025年5月の完了に向けて予定通り進行している。
 土地の余裕がなかったことから、スクラップ・アンド・ビルドで進めており、第2期が7月に終わる。
 そこへの移動を済ませ、最後の段階に入る。

 <多くの企業で課題になっている人材確保については>
 人材確保は難しくなっている。
 昨年は5%の賃上げを行った。
 今年も政府、経団連、労働組合がそろって高い水準を想定している。
 当社としてもこの動きには追随する必要がある。
 人への投資は続けているが、特に教育プログラムを見直し、一人一人の成長に取り組みたい。
 ダイバーシティ・インクルージョン、多様性確保の促進では、特に遅れている女性活躍も注力する。
 新たに顧問を採用し、多様性確保の検討プロジェクトを始める。

◇  ◇

 1918年創業、資本金6億5000万円。
 従業員数は国内約850人、グループ全体で約4000人。
 2023年2月期の「年間売上(連結)」は、573億円。