ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

㈱アルカディア=上田市小泉= 春原直樹社長(44)「Z世代も働いてみたいという会社を目指す」

テーマ:上田市ニュース

 精密板金、電気配線を主力とする上田市小泉の㈱アルカディア。
 2019年、社長に就任して5年目の春原直樹社長(44)に会社の動向や将来展望について伺った。

 ―経営方針と理念
 同社は1983(昭和58)年、電子機器製造業として設立、昨年40周年を迎えた。
 現在、取締役会長を努める松井利光氏が起業。
 基本方針に「社員の成長は企業の成長」を掲げた。
 春原社長は同社に2002年入社。
 「入社当初からこの基本方針を理解して過ごしてきた。一番大切なのは社員と思っている」として方針を受け継いでいる。入社当初19人だった社員が、現在34人になった。「方針を大切にして会社を盛り上げたい」。

 ―社内交流、勉強会
 社員研修の一環として「磨輝(みがき)の時間」を設けている。
 業務に対しての知識や見識を広げ、意識づくりをする時間で、社員の親睦も兼ねて月1回、土曜日の午後に行っている。
 今月は、年始発表ということで今年の抱負を語ってもらった。 昨年を振り返って会社の業務のことやプライベートでの目標を発表した。
また、みんなで考え方を勉強する機会を作りたいと京セラ、KDDIの創業者である稲盛和夫氏の著書「京セラフィロソフィ」を読み解き、どう考えるかを小グループでディスカッションすることも取り入れている。
 人生における指針、仕事における道標となる考え方を社員にも触れてもらい、人間的、精神的に成長できるのではと期待している。
 部門の垣根をなくす活動としてソフトバレーボール、キックベースなど行ったり、5S、品質、ムダ取り、新規事業、広報、イベントの6つの部会の好きな部に所属してもらい、それぞれの活動を通して交流を図っている。

 ―会社の強み
 多品種、小ロットの特注品、試作品を短いサイクルでこなすのが特長。
 社員の優れた対応力が当社の強み。

 ―業績と展望、抱負
 昨年8月決算では、3年目となる新工場の稼働もあり、過去最高売り上げを達成した。
 「必要に応じて大きくなってきたが、会社を成長させてきたのは社員です。皆が働きやすく、Z世代も働いてみたいという会社を目指す。仕事では次の段階を思い描いている。それに向けてステップアップしていきたい」。

 ―趣味
 スノーボード、音楽鑑賞、エレキギター演奏、ベース演奏