ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

激戦の長野県議選2023スタート! 石和大氏(58)=自由民主党、現職= <東御市区>(定数1)「地域と県の皆さんの確かな暮らしつくる」

テーマ:選挙

 4月9日投開票の「長野県議会議員選挙」が、3月31日告示され、選挙戦がスタートした。
 各立候補者の陣営では出陣式などを行い、遊説や街頭演説でそれぞれ支持を訴えている。
 31日午前中までの立候補届出で、上田市小県郡区(定数4)は現職3人、新人3人の2人オーバー、東御市区(定数1)は現職1、新人2人の2人オーバーの選挙戦に突入した。
 期日前投票は4月1日から8日、9日は午前7時から午後8時に各投票所で行われる。
 投票所に行かれない人で投票する人は、手続き上、早目に各選挙管理員会に問い合わせる。

 石和氏は東御市田中の田中公民館前で出陣式を開き第一声。
 「東御市にとって本当に役に立ち、地域を共に前に進め、信じられる県議は誰かを選んでもらう」と述べた。
 昨今の実績について、与党自民党の県議の立場で尽力した、地域における東日本台風被害復興に向けた取り組みなどを強調。
 4期目については「さらに大きな重責を担える、東御市のために実現できることも増える」と展望。今後の政策として、オフグリッドの可能性模索や、渋滞対策等道路整備などを説明し、「地域と県の皆さんの確かな暮らしをつくるための努力をこれからも続ける。役に立つ、思いを実現する議員として働きたい」と訴えた。