ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

現職の高村京子氏(69)=日本共産党=が当選!<長野県議選2023・上田市小県郡区> 「7期目、力合わせる県議会に!」

テーマ:選挙

【万歳で高村氏(中央)の当選を喜ぶ】

 高村氏は午後8時、テレビで開票と同時に当確が発表されると選挙事務所に姿を現した。
 「こんなに早く結果がでてびっくりしている。皆さんのチームワーク、団結が素晴らしかった。それぞれの分野で力を発揮した成果」と支援者に感謝を述べた。

 遊説中「暮らしがせつないと泣く女性、子育てが大変だと訴える男性。中山間地に行くと田畑が荒れていた。これが今の国の政治を象徴している姿だ」。
 「県議7期目。新しい県議会で皆さんのくらしを守るため力を合わせる県議会をしたい。他の会派とも力を合わせ、県民の声を国政に届けたい」。
 「介護、福祉、教育、農業、医療、保育をまともにやってほしいという意見書を県議会から国にあげ、皆さんのお役に立つ県議会を作りたい。今後、耳を心で受け止める「和聲(わせい)」を日常の活動の指針としたい」―と語った。

 金井忠一事務長は「『戦争か平和か』が問われた選挙だった。(高村氏)は日本全体から長野県を考えるスケールの大きい人。県をまとめ県政を発展させてほしい」と激励した。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 長野県議会議員選挙9日投開票され、本紙関係分では上田市小県郡区(定数4)に6人が立候補した。
 現職3人の清水純子氏(58)=公明党=、高村京子氏(69)=日本共産党=、山田英喜氏(38)=自由民主党=と、新人の林和明氏(36)=無所属=が当選。
 新人の金子和夫氏(60)=無所属=と飯島幸宏氏(60)=無所属=が落選した。
 東御市区(定数1人)では3人が立候補。
 新人の佐藤千枝氏(67)=無所属=が当選。
 現職の石和大氏(58)=自民主党=と新人の藻谷ゆかり氏(59)=無所属=が落選した。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲