ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

現職の山田英喜氏(38)=自由民主党=が当選!<長野県議選2023・上田市小県郡区>「地域発展へ将来担えるよう成長!」

テーマ:選挙

【万歳で当選を喜ぶ山田氏(中央)】

 山田氏の陣営は上田市中央東の事務所に支持者が集まり、開票を見守った。

 先に3人の当選確実の情報から、不安感のある空気にもなっていた。
 午後10時30分ごろ当選確実が伝わると喜びに沸いた。
 5分後に山田氏が車で事務所に到着すると、外で迎えて抱き合うなどして喜び合った。
 幹事長の小宮山豪氏の掛け声で万歳を行い、だるまに目を入れた。

 山田氏は「選挙戦でさまざまな気付きを得て、自分自身が成長できた。自民党3人での奪い合いになり、選対の皆さんにつらい思いをさせてしまった。皆さんに勝たせてもらったことに感謝して2期目を努めたい。この地域で育つ子どもたちが将来生活できるよう考えた政策。今まで以上に、この地域の発展のため、将来を担えるよう成長したい」と感謝と決意を語った。

 後援会長・選対本部長の大久保寿幸さんは「実績が評価され、押し上げていただいた結果。山田を応援する輪を広げ、地域発展の力にしたい」と語った。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 長野県議会議員選挙9日投開票され、本紙関係分では上田市小県郡区(定数4)に6人が立候補した。
 現職3人の清水純子氏(58)=公明党=、高村京子氏(69)=日本共産党=、山田英喜氏(38)=自由民主党=と、新人の林和明氏(36)=無所属=が当選。
 新人の金子和夫氏(60)=無所属=と飯島幸宏氏(60)=無所属=が落選した。
 東御市区(定数1人)では3人が立候補。
 新人の佐藤千枝氏(67)=無所属=が当選。
 現職の石和大氏(58)=自民主党=と新人の藻谷ゆかり氏(59)=無所属=が落選した。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲