ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

新人の佐藤千枝氏(67)=無所属=!<長野県議選2023・東御市区> 「皆さんの思い受け止め県政に!」

テーマ:選挙

【当選のあいさつをする佐藤氏】

 佐藤氏は東御市滋野乙の事務所で多くの支援者と共に結果を待った。

 当選を受け「(支援者と)チームとして頑張れた結果。皆さまとのご縁もさらに大きなものにして、しっかり議員活動に取り組んでいく」と喜んだ。

 政治姿勢について「県政は遠く、分かりにくいと感じていた。市民県民に伝えるという基本的な活動をしながら、皆さんの考えや思いを受け止め、県政に反映させていく」。

 政策では「誰一人とり残されない社会を築くため」として、子どもや若者支援、医療福祉施策拡充、産業農業振興を通じた地域活性化「みんな違ってみんながいい」社会の実現、防災減災による強靭なまちづくり、持続可能な脱炭素社会づくりなどを進める。
 また、女性の政治参画も促進し、社会や政治を変える一歩につなげていくという。
 「もちろん大きな事業も大切だが、物価高騰などの影響がある中で、市民の生活のための施策にもしっかりと取り組んでいく」と話した。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 長野県議会議員選挙9日投開票され、本紙関係分では上田市小県郡区(定数4)に6人が立候補した。
 現職3人の清水純子氏(58)=公明党=、高村京子氏(69)=日本共産党=、山田英喜氏(38)=自由民主党=と、新人の林和明氏(36)=無所属=が当選。
 新人の金子和夫氏(60)=無所属=と飯島幸宏氏(60)=無所属=が落選した。
 東御市区(定数1人)では3人が立候補。
 新人の佐藤千枝氏(67)=無所属=が当選。
 現職の石和大氏(58)=自民主党=と新人の藻谷ゆかり氏(59)=無所属=が落選した。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲