ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

青木村特産そば「タチアカネ」の”白い花”と”赤い実”が見ごろ! ★10日「スペシャルイベント」を、ふるさと公園あおきで開催。

テーマ:お知らせ

 青木村特産そば「タチアカネ」の白い花と赤い実が見ごろを迎えている【写真】。

 タチアカネは県野菜花き試験場が育成した「長野県オリジナル」のそば品種。
茎が丈夫で倒れにくい特性からの「タチ」と、そばの白い花が実になると茜色になることからの「アカネ」が名前の由来。

 同村は、遊休農地の解消や中山間地域の転作作物として2009年に試験導入。
それ以来、県内で唯一産地化し、栽培面積を拡大させてきた。
 今年は約80haで栽培している。

 18日まで「そばの花・実まつり」を開催中。
 10日は午前10時から午後3時まで「スペシャルイベント」をふるさと公園あおきで開催。
 「タチアカネそばのふるまい(限定300食、1食500円)」。
 「そば打ち体験(要予約、4人前2000円)」。
  「特産品販売」ーなどがある。

 問い合わせ(電話)0268・49・0111(タチアカネプロジェクト推進協議会)