ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市の「チーズ工房カプレット」のヤギのチーズ「ネロカブラ」が「第14回ALL JAPANチーズコンテスト」で金賞! ★「ワールドチャンピオンシップチーズコンテスト」へ出品

テーマ:上田市ニュース

【「ネロカブラ」と賞状を持つ中村佳美さん】

 上田市の(株)パトリオットエンタープライズ(中村悠基社長)が運営する同市中央4の「チーズ工房カプレット」のヤギのチーズ「ネロカブラ」が、このほど開かれた「第14回 ALL JAPANチーズコンテスト」で、金賞を受賞。
 そのため、3月5日からアメリカで開かれるワールドチャンピオンシップチーズコンテストに出品することが決まった。

 チーズ工房カプレットは、果樹農園の堆肥を目的にヤギの飼育を始めたことが契機。
 佐久市のボスケソチーズラボでチーズづくりを修業し、2021年に開設。

 ヤギ30頭ほどから1日20リットル程度を搾乳、チーズに加工している。
 ヤギには出荷できないリンゴを与えていることもあり、甘みのある濃厚なおいしい乳が材料になっている。
 将来的にはワイン用ブドウも栽培しているため、自前のワイナリーなども開設する方針。

 今回のジャパンコンテストは、全国から254の出品があった。
 チーズ工房カプレットの「ネロカブラ」は、炭をまぶしたフレッシュなヤギのチーズで、ヤギチーズの「シェーヴル部門」に出品。
 最終選考に残り、部門では最高の金賞となった。
 審査では、うまみの余韻が長いことや、外見の美しさが高く評価された。

 製造責任者の中村佳美さん(32)は「まさか受賞すると思っていなくて驚いた。認めてもらい大変嬉しい。珍しいチーズなので食べなれない方も多いと思うが、受賞したことで食べてみようと思ってもらえると嬉しい。ブルーチーズと思われる方もいるが、もっと優しい味わいのチーズ」と語る。

 ワールドチャンピオンコンテストへの出品は、当初、ヤギの乳がない時期のため出品を躊躇していたが、師匠から強く出品を勧められ、冷凍した乳を使って出品することになった。製造から3週後が食べごろのチーズだが、出品は2週間前に発送しなければならず、良いコンディションを保つ工夫にも取り組み、優秀な成績になるよう努力している。