ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

「浅間山開き」2023を行う!★小諸市のこもろ観光局。★夏山シーズンの到来を告げる。

テーマ:小諸市ニュース

【安全を祈る浅間山開き出席者】
【天狗温泉を出発する登山者】

 小諸市の一般社団法人こもろ観光局は8日、夏山シーズンの到来を告げる「浅間山開き」を浅間山火山館コース登山口の天狗温泉浅間山荘前で行った。

 山の1年の安寧と、山麓住民、観光客や登山者の安全を願い、安全祈願神事とセレモニーを実施。
 周辺自治体の行政関係者、商工や観光関係者、登山者ら約100人が出席。
 初めに神事を行い、その後大浅間火煙太鼓の演舞、しめ縄カット、記念御供配布や豚汁ふるまいなどがあった。

 セレモニーが終わると、登山者が次々と出発。また、ガイドによる「カモシカと出会うツアー」も行われた。

 浅間山には、噴火警戒レベルなどの状況によって増減があるが、概ね年間3万人の登山客が訪れるという。
 現在は「噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)」のため、火口から概ね2㎞の範囲への立ち入りは禁止。
しかし、賽の河原分岐点までの登山道は入山できる。

 レベル2でも楽しめるコースとして外輪山縦走コースがある。
天狗温泉浅間山荘か車坂峠を出発し、黒斑山、蛇骨岳、仙人岳といった浅間山周囲の山の稜線を目指すルート。
 浅間山を眺めながら登山を楽しめる。

 また、浅間山では、こもろ観光局などが随時イベントを実施し、観光振興が行われている。
 「入山規制中でも十分楽しめるコースや企画がある、安心して訪れていただければ」と呼び掛けている。。

 こもろ観光局の花岡隆理事長は「火口から2㎞以内に入らなければ問題は無いので、守っていただければ。多くの人に安全に登山を楽しんでもらいたい」と話していた。