ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

「長和町ガイドグループ・コンシェルジュ」が始動!<長和町議会6月定例会・一般質問>

テーマ:長和町ニュース

 長和町議会6月定例会は6、7日に一般質問を行った。
 8議員が質問した。

◆荻野友一議員は、中山道の保存と活用について質問。
 町内の中山道に関係する指定有形文化財について確認。どう生かし、活力あるまちづくりにつなげるかを質した。
◇町側の答弁によると、中山道の道自体と関連する建造物などが国の史跡となっている。
具体的には、和田地区の男女倉口から和田古峠にかけての峠道と唐沢一里塚周辺、和田小学校下から和田宿を経て大出までの間と青原周辺の中山道8・2㎞。
建造物では、和田峠の永代人馬施行所、和田宿本陣、歴史の道資料館かわちや。
昨年3月には、長久保宿旧本陣が、座敷や門、土蔵などと共に追加指定されている。
 町指定有形文化財には、長久保宿の竹内家住宅(釜鳴屋)と同家で所蔵する笠取峠立場図版木や宿場札の版木、旧本陣石合家所蔵の約6000点の古文書と高札10枚。町指定史跡としては、四泊一里塚や東餅屋茶屋跡。
 また、文化庁選定「歴史の道百選」にも、中山道の町内箇所が指定されている。中山道関係の町指定無形文化財は、長久保甚句と大山獅子。
◇中山道の来客数の質問については、施設入館者を提示して回答があった。
 長久保宿の一福処濱屋の推定来訪者は、令和元年度2220人、2年度が920人、3年度が720人、4年度が1600人。
 丸木屋は、元年度が1050人、2年度が740人、3年度が490人、4年度が900人。
 和田宿本陣は、元年度に3015人、2年度が1613人、3年度が2350人、4年度が3076人。
 なお、本陣、かわちや、大黒屋などは共通入館券で入館することができる。
 各施設共に令和2年度と3年度は「コロナ禍」による落ち込みがあったが、4年度は個人入館者を主として復活傾向にある。
 観光客向けの対応は、和田宿の本陣とかわちやでは常駐する管理人の案内がある。それ以外では現地の説明版設置、町のホームページ、各出版社のガイドブックなどに情報が掲載されている。
 また今年度から「長和町コンシェルジュ」による中山道を中心としたガイドが本格的に始まった。
コンシェルジュは、訪日外国人需要への対応を目的としている。
 平成29年度から人材育成事業が行われている。
 育成のため、英語監修のあるレッスンを月2回開催。
中山道や日本遺産、日本文化を深く学んでおり、英語のガイド力だけではなく日本語のガイド力も高まっているという。
レッスンや活動に積極的に参加可能で、ガイド力が高まった人を認定する制度があり、5月末までに13人が認定を受けた。

 このほど、認定を受けた人や講師らによる「長和町ガイドグループ・コンシェルジュ」が始動。
 ガイドコース作成やホームページでの周知をしながら、観光ガイドとして活動を開始した。
英語だけでなく、日本語、中国語のガイドにも対応している。
町としても人材育成を継続しながら、ガイドグループの活動も応援する方針。

◆渡辺久人議員は、巡回バスの現状や新公共交通について質問。
地域の実情に即した公共交通手段として「ドアtoドア型(自宅などのドアから目的地のドア)」のデマンド交通が、利便性が高く経費面での効率も良いとし、検討を要望する旨の確認を行った。
◇羽田健一郎町長は「デマンドバス導入に向け、JRバス関東小諸支店と協議を進めている。早ければ、実証実験も含め来年4月1日からの運行を考えている」と答弁。
 ドアtoドアのフルデマンド方式も視野に入れ、利用者のニーズに応えられるように検討するとした。

◇阿部由紀子議員は、和田小学校と和田保育園の現状と今後について質問。
少子化による児童減少や、昨年度から和田小で始まった複式学級などの現状を踏まえ、子育ての問題点を指摘。
少人数で子どもが育つことへの不安を持つ保護者もいるといい、園・小学校の統合を望む声などを届けた。
 また、当事者(保護者)への意見を聞くため、学校選択制のアンケートや統合に対するアンケート実施を提案した。
◇町は、少人数学校のメリットとデメリットを説明。
児童のより良い教育条件づくりや地域の事情に配慮しながら、問題には継続して取り組むとした。

   ◇  ◇

★このほかの質問は
 ▽田福光規議員は、町の移住・定住対策と『空き家バンク』の取り組みの現状と課題
 ▽佐藤恵一議員は、脱炭素型社会を目指しした再エネへの取り組み、デジタルトランスフォーメーションDXによる町民の便利性
 ▽龍野一幸議員は、少子化対策たたき台、移住・定住促進対策
 ▽渡辺議員は、自治体首長アンケート
 ▽原田恵召議員は、犯罪被災者等支援条例、第1・第5分団の詰所移転及び分団のトイレの状況、課の設置条例、一般質問で答弁した回答の進捗状況
 ▽阿部議員は、町内の花壇整備の課題、「掘る女」の町内小中学校での上映
 ▽羽田公夫議員は、キャンプ場の危機管理、中学校の部活動の「地域移行」─など。