ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

東御市の加沢公民館が「立志式」を2024を開く! ★地域の中学2年生に間近な大人の仲間入りを意識してもらう

テーマ:とうみニュース

【参加中学生への記念品の贈呈】
【式参加者全員での記念撮影】
【茶話会で信州御牧太鼓保存会が中学生らにエールを送る】
【将来への決意などを表す参加中学生代表の竹村さん】
【関分館長のあいさつ】

 東御市の加沢公民館(関司分館長)は、このほ、地域の中学2年生に間近な大人の仲間入りを意識してもらう「立志式」を同所で開いた。36回目。
 「コロナ禍」で、3年間は記念品贈呈のみにして式は行わなかった。
 昨年規模縮小して式を再開し、今年は通常開催に戻した。

 今年は、対象11人のうち5人が参加。

 来賓や保護者ら約30人が立ち会う中で、中学2年生代表の竹村結さんが「この伝統の式への参加を心に刻み、家族や地域への感謝を忘れず日々努力を重ねていきたい」と、目標実現に向けて歩む決意を述べた。

 関分館長(69)は「来年は対象中学生が大勢いるので、より盛大な式になると思う。地域の子が伝統行事の意味を理解し、立派に成長するよう願う」と話した。

 立志式は、数え15歳を成人と扱う昔の武家社会の「元服」にならう。
 地域の子どもの健全な成長を地域で後押ししようと、平成元年から毎年建国記念日に行ってきた。
 開催のための資金などを区や加沢共励会、区民らで支え合って市内で唯一行っている。