ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

東御市の重要伝統的建造物群保存地区「海野宿」で「花嫁道中」が行われる! ★「昔ながらの嫁入り」を再現するイベント。

テーマ:とうみニュース

【海野宿道を練り歩く花嫁道中の行列】

 東御市の重要伝統的建造物群保存地区「海野宿」でこのほど、昔ながらの嫁入り再現するイベント「花嫁道中」があった。

 海野宿のまちづくりなどに取り組むNPO法人「海野宿トラスト」が、24日まで同宿で行っていた「北国街道海野宿ひな祭り」内の催し。
 雅楽奏者、人力車に乗った花嫁、着物姿の参列者が行列を作り、歴史的な街並みが残る海野宿を練り歩いた。

 行列の主な参加者は、これまでも海野宿で着物を着て活動してきたグループ。
 あわせて、地元住民も加わって20人以上の行列となった。
 雅楽は地元神官数人が演奏し、行列を先導した。
 会場には見物人やカメラマンも訪れ、地元内外の人が楽しんだ。

 花嫁役を務めた小諸市の竹田愛華さんは「人力車にも乗せてもらい楽しかった。めったにない機会なので、とても良い思い出になった」と喜んでいた。

 イベントの実行委員長を務めた橋本俊彦さんは「ひな祭りは9回目で、花嫁道中は今回初めて。着物で楽しむ海野宿も広がればうれしい」と話していた。