ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市立第三中「2年越しの成人式」! ★「平成27年度卒業生有志」

テーマ:上田市ニュース

【参加者の記念撮影】

【あいさつする勝野実行委員長】

【成人代表のあいさつ】
【祝辞を述べる来賓の山浦さん(右端)】

 上田市立第三中学校の平成27年度卒業生、有志実行委員会(勝野敦智実行委員長)による「成人式」が14日、同市常磐城の西部公民館で開かれた。
 賛同して集った同期生計50人が「再会の喜び」と「改めての門出」を心に刻んだ。

 同卒業生は令和3年度が新成人の年だった。
 「コロナ禍」により例年1月の市の成人式が行われなかったため、仲間と人生の節目をかみ締め、励まし合う機会がなかった。

 今年春、新型コロナ感染症が感染症法第2類相当から第5類へ移行となり、様々な集会の自主的規制が緩んだ中、先行して「真田中卒業生」らが独自の成人式を行ったことに刺激を受けた。
 勝野実行委員長(22)ら有志計5人が「改めて手作りで式を」と企画し、同期生120人に連絡を取った。

 式では、在校当時校長の山浦和彦さんや同担任の桜井卓司さん、柳町志帆さんから「祝いや励ましの言葉」を受けた。

 生徒会長を務めた山口桜良さん(22)が「コロナ禍で仲間や家族の大切さなど改めて認識した」などとしながら、共に未来へと力強く歩む決意を述べた。

 勝野実行委員長(22)は「仲間がどれくらい集まってくれるか不安だったが、家族や市教委など様々な人の後押しもあってなんとか形にできた。同期の半数近くが集まってくれて節目を祝い合えたのは、何よりうれしかった」と安堵していた。