ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市の武石小学校の児童が「ツリークライミング」「ツリーテント」などの自然体験学習を行う!★地元の㈱小山林産が指導

テーマ:上田市ニュース

◆ツリークライミングを体験する児童
 地上10mまで「ぶり縄」に足をかけて登る

【木にぶら下げたツリーテントでゆらり】

 上田市上武石、市立武石小学校の5年生22人は、このほど同市武石上本入の巣栗キャンプ場で「ツリークライミング(木登り)」や「ツリーテント」などの自然体験学習を行った。

 この日は1泊2日の「美ヶ原・巣栗自然教室」2日目。
 前日は、美ヶ原高原を散策して同キャンプ場のコテージに宿泊した。

 児童は、特殊伐採などを手がける地元の㈱小山林産の職員の指導で1人ずつツリークライミングに挑戦。
 ヘルメットとハーネスで安全を確保してアカマツの幹をはしごで5mほど登り、日本伝統の木登り道具「ぶり縄」に足をかけてさらに5m進んで幹に取り付けられた鈴を鳴らした。

 級友から「頑張れ」「ファイト」などと声援を受けながら最初に挑戦した成田蒼羽さんは「降りるときに幹を足で蹴って、シューと下がるのが楽しかった。上から周りを見たら木がいっぱいあって、山が見えた。きれいな景色だなと思いました」。

 比田井心那さんは「めっちゃドキドキした。足をロープにかけるのは難しかったけれど、登ったらそれまでの心配が全部砕け散った感じでうれしかった」と笑顔を見せた。

 児童は、木にぶら下げたツリーテントに乗ったり、小山林産が持ち込んだピザ釜で焼いたピザを食べたりして、自然体験を満喫した。

 同校の卒業生でもある小山教洋社長(47)は「子どもたちに林業ってかっこいいと思ってほしい。きょうの楽しい体験が記憶に残って、大人になってから思い出してもらえたらいい。武石が元気であるための投資と思って12年間続けています」と話す。

 小宮山健一校長は「地域のおかげで、なかなかできない体験をさせていただいている。危険を伴うことを正しく怖がることは大切で、実際に体験することで学べることは多い」と感謝していた。