ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市の中塩田小学校PTAが「盈進(えいしん)まつり」2023を行う!★同校の「創立150周年記念事業」と併せて。

テーマ:上田市ニュース

【大勢が参加したじゃんけん大会】
【上田エンジェルスの演技】

 上田市の中塩田小学校PTA(石井良会長)などはこのほど、学校と地域の融和を図る恒例の「盈進(えいしん)まつり」を行った。
 同校の「創立150周年記念事業」と併せて行っい、ステージイベントなどで盛り上がった。
 

 例年はバザーや屋台などで盛り上がるイベントだが「新型コロナ」の影響で3年間は中止や規模を縮小して行っていた。

 今回は例年通り、焼きそばなどの屋台や児童向けのアトラクション、駄菓子販売などを行い、屋台に長蛇の列ができていた。

 創立150周年イベントとして、体育館ステージで塩田中学校の吹奏楽部や合唱部の演奏、信州上田おもなし武将隊のパフォーマンス、うえだミックスポーツクラブのチアリーディングクラブ・上田エンジェルスの演技、じゃんけん大会を行った。

 総合司会は、同窓生で太田プロダクション所属の小出真保さん。
 
 ステージの合間のトークでは、50年前の創立100周年時に児童会長をしていた人の紹介や、宮澤雅法校長のあいさつなどもあった。

 じゃんけん大会には、大勢の子どもが参加し「信州上田おもなし武将隊」らとの、じゃんけんで勝ち残った子に賞のプレゼントがあった。
小1の女子が最後まで勝ち残った。

 石井会長は「150周年のため、普段は体育館でバザーを行うが、イベントを開催し、今年度になってから手探りで準備をしてきた。子どもたちに良い思い出になってほしい」と話していた。