ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市議会「現行の健康保険証を存続することを求める請願」不採択に<上田市議会9月定例会・閉会>2023

テーマ:上田市ニュース

 9月上田市議会定例会は3日、市提案などの31議案を可決、認定などして閉会した。

 条例関係では市民の森スケート場条例廃止など、事件決議では箱畳第二期工業団地関連など。
 補正予算は、同日提案の一般会計補正予算で先月の「大雨に対する災害復旧7億8000万円」を含めて可決。

 令和4年度決算認定では一般会計決算特別委員会の総意として付帯意見がついた。
◆付帯意見は
 ▽未利用財産の活用。歳入の減少が予想される中で市民ニーズに応えるため、長期保有土地の保有継続、売却処分、貸付などの方向性を速やかに検討。さらなる基金の活用
 ▽不収欠損処理、収入未済額の縮減
 ▽人事行政で新規採用に多くの辞退者が見られ、採用試験や募集方法を研究すること―。

 同日提出された人事案件では、任期満了や退任から人権擁護委員の推薦について5人を適任とした。
 5人は、元中学校校長の和田茂一氏(70)=上田市前山=、元中学校校長の甲田圭吾氏(69)=上田市常磐城=、元市職員の斎藤千比呂氏(67)=上田市塩川=、元丸子町職員で会社員の矢嶋美奈子氏(63)=上田市生田=、再任で会社役員の下条幹男氏(72)=上田市菅平高原=。

 教育厚生委員会からの「義務教育の一層の充実を求める意見書」を可決。
◆意見書は
 ▽義務教育費国庫負担制度の堅持
 ▽教員業務支援員等の学校業務を支援する支援スタッフ配置のための財源確保
 ▽学校施設整備に必要な財源確保―を国に求めるもの。

 請願では継続審査になっていた、再審法(刑事訴訟法の再審規定)の速やかな改正に関する請願を再び継続審査。
 現行の「健康保険証を存続することを求める請願」は、不採択となった。

★陳情3件
 ▽健康保険証の存続
 ▽上田市公民館使用料の受益者負担のあり方
 ▽原発汚染水(ALPS処理水)海洋放出の停止―は、いずれも不採択となった。