ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市に主力工場を展開する(株)TOTOKUが「新型コロナウイルス感染症の感染防止対策用資器材」を上田地域広域連合と上田市に寄贈!

テーマ:上田市ニュース

【N95マスクなどを寄贈する牧社長(左)】

 上田市大屋に主力工場を展開する㈱TOTOKU(本社・東京都)は25日「新型コロナウイルス感染症の感染防止対策用資器材」を、上田地域広域連合と上田市に寄贈した。

 同社の牧謙社長らが市役所を訪れ、上田地域広域連合にN95マスク2000枚、上田市にはフェイスシールド300個とアイソレーションガウン1500枚を贈った。

 牧社長は「新型コロナウイルス感染症はまだ安心できる状況ではなく、加えてインフルエンザが急速に流行している。こういった形で地域貢献できることをありがたく考えており、上田市民として今後も引き続き行っていきたい」とあいさつ。

 上田地域広域連合長の土屋陽一市長は「5類移行後も決して予断を許すことなく、予防活動を進める必要がある。心から感謝します」述べた。

 上田地域広域連合は消防署の救急出動の現場などで使用、市福祉部は高齢者施設などに配布する計画だ。

 同社は、2020年から毎年、上田地域広域連合と市にサージカルマスクやニトリルグローブなどを寄贈している。