ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田商工会議所が上田市へ「令和5年度 要望書」の提出を行う!

テーマ:上田市ニュース

【要望書の提出で訪れた正副会頭ら】

 上田商工会議所(堀内健一会頭)はこのほど、上田市への令和5年度要望書の提出を上田市役所で土屋陽一市長に行った。

 提出には正副会頭、総務委員会正副委員長らが訪れた。
 堀内会頭が「本年度、各業種部会から提言があった中で、上田地域経済の発展と創生のため、重要課題としてあげられた項目についてまとめた」とあいさつ。
 金子義幸専務理事が要望書の内容を説明した。

★要望は16項目あり
 ▽モノづくり企業支援で工業用地を確保し、地元企業の留置、企業誘致、交通・通信インフラの整備、人口増加策などを求める
 ▽行政における地域課題を提示する場をつくり、産業や大学などに施策・技術提案を求め、上田発の新技術や新製品を生み出すことを目指す
 ▽外国籍労働者に選ばれる上田市になるよう、受け入れ体制整備などの推進
 ▽物価高騰対策などのためチケットQRなど消費喚起事業の再実施
 ▽コロナ禍による影響から事業継続ができるように、金融支援の充実や労務・税務など相談支援
 ▽エネルギーや原材料価格高騰で影響を受ける中小企業への支援施策
 ▽上田城整備を好機とし、歩きたくなるまちづくりをハード・ソフトの両面から検討し、中心市街地の商業活性化や、若手が新たなまちづくりにチャレンジするための支援
 ▽上田駅の温泉口を商業目的のイベントスペースとして活用できるように条件の緩和
 ▽社会実験しているシェアサイクルの充実と本格始動の実施
 ▽公共交通網の維持や市内バスの利便性向上
 ▽ゼロカーボンシティに向け、街路樹・グリーンインフラの推進
 ▽学校でのネット・ITリテラシーの教育・研修を積極的に取り組み、ネットによる誹謗中傷・トラブルによる自殺問題への対策
 ▽災害発生時の初動体制の構築と防災対策―など。
 要望に対して土屋市長は「それぞれ意見交換して進めていきたい」とした。

 懇談では、要望内容を深める話しがあった。
 他地域からの誘致で、上田の企業が出ていかないように工業用地の確保の必要性。
 行政課題を「計画段階から情報共有する」重要性が話題となった。