ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田警察署は「行方不明者を発見した功績」で上田市消防団の4つの分団に感謝状!

テーマ:上田市ニュース

【感謝状の贈呈を受けた各分団長と島田署長】

 上田警察署(島田信司署長)は、このほど「上田市消防団」の4つの分団に感謝状を贈呈した。
 9月3日に、行方不明者を発見した功績。

 上田市内の高齢男性が、野倉で行方不明になった。
 家族からの要請を受け、警察や消防団などが捜索を行った。
 山中の谷で高齢男性を無事に発見した。

 捜索で出動した消防団は第6分団(砥石剛志分団長)、14分団(柏原剛分団長)、16分団(滝澤剛志分団長)、17分団(中沢仁分団長)で、出動人員は総勢43人。

 高齢男性は、前日から行方不明になっていた。
 野倉の公民館に集まり、捜索開始が午後3時半、その1時間後に発見された。急斜面のある山中だったが、大勢の消防団による捜索が短時間での発見につながったという。

 島田署長から感謝状を受けた各分団長は「無事に早く見つかってほしいという思いで捜索した。多くの団員が集まってくれて感謝したい。発見できてほっとした」などと振り返る。

 山中の日暮れは早いため、時間的に余裕がないことから緊張感があり、参加団員の安全も心配したという。