ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市の浦里小学校が「創立150周年記念事業第3弾」! 「第113回運動会」を行う。★地域住民も参加。

テーマ:上田市ニュース

【盛り上がった大玉送り】
【浦里ソーラン節】
【保護者や地域住民による綱引き】
【保護者や地域住民による綱引き】
【全員で校歌ダンス】
【風船飛ばし】
【組体操】
【短距離走】
【入場】

 上田市立浦里小学校(神田博幸校長、児童50人)は9月30日「創立150周年記念事業第3弾」で「第113回 運動会」を同校で行った。
 保護者だけでなく「大勢の地域住民」も参加した。
 運動会のスローガンは「出しきろう全力 伝えよう感動 みんな輝く運動会」。

 開会式は花火の合図で児童が学年ごとに入場。
 
 神田校長が「絶好の運動会日和。これまで運動会に向けて、仲間と励まし合いながら、一生懸命練習を積み重ねてきたと思う。運動会を通して家族や地域の人に感謝の気持ちを届け、最後には全員が笑顔で終われるようがんばりましょう。今年は150周年記念の運動会。未来に向かって進む私たちは、さらなる成長と進化を求められている」。

 児童代表で児童会長の小林大希さんが「今日はいよいよ運動会。今年は150周年の記念の運動会。今まで浦里小を支えてくれた皆さんに感謝を伝え、全力を出し切って皆で楽しめる運動会にしようとスローガンを作った。保護者の皆さん、地域の皆さん、がんばっている姿をご覧ください。競技が終わったら拍手をお願いします」とそれぞれあいさつ。

 競技は、赤と白に分かれて行った。
 学年ごとの短距離走や、低学年と高学年3学年ずつ合同で行う「浦里タイフーン(竹の棒を複数人で持って走り、パイロンのある場所で回転して速さを競う)」や「浦里ソーラン節」。
 大玉を使った「宝を運べ」、玉入れ、ダンスなどを行った。

 ”保護者や地域住民”による「綱引き」「大玉送り」では、児童に地域の大人が参加して行い、盛り上がっていた。

 校歌ダンスでは会場の全員が参加。
 児童は校庭中心部に「150」と人文字になるように並んで行った。

 最後には児童の思いを込めたカードをつけた「風船150個」を飛ばしてしめくくった。