ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

「全国地域安全運動」がスタート!11日から10日間の日程。★上田警察署や上小防犯協会連合会、依田窪防犯協会連合会などが運動の「出発式」を行う。

テーマ:上田市ニュース

【出発式で勝どきを上げる】
【アリオ上田での啓発活動】

 「全国地域安全運動」が11日から10日間の日程でスタートした。
 上田警察署や上小防犯協会連合会、依田窪防犯協会連合会などは11日、運動の「出発式」を上田市のサントミューゼで行った。
 各地で「街頭啓発」も行った。

 10月11日は「安全安心なまちづくりの日」、長野県では「思いやりの心でつくろう!日本一安全・安心な信州」として
 ▽子供と女性の犯罪被害防止
 ▽電話でお金詐欺の被害防止
 ▽施錠の徹底・侵入窃盗、自転車盗、車上狙いの被害防止―を運動の重点としている。

 出発式で上小防犯協会連合会副会長の北村政夫青木村長は、池波正太郎の小説から、涼しくなって熟睡できるようになると、盗賊の稼ぎ時になったという内容を語りながら「電話でお金詐欺はなかなか撲滅に至らない。皆さんとPRして防犯に努めたい」。

 上田警察署の島田信司署長は「最近、登下校の児童への声掛け事案、接触事案など不審者情報が寄せられている。電話でお金詐欺は残念ながら昨日も被害を認知し、今年に入って17件、被害総額は9700万円余、昨年に迫る勢いになってしまっている。半数は架空料金請求詐欺。侵入窃盗と自転車盗が昨年から倍増しており、施錠を徹底してほしい。安心安全な地域づくり、自分の身は自分で守る意識を運動で高めたい」とそれぞれあいさつ。

 北村村長の音頭で勝どきを上げ、青色回転灯などの車両が出発した。

 街頭啓発は、アリオ上田、デリシア丸子店、ベイシア東御店、道の駅あおきで実施。

 アリオ上田の店舗入口前では、防犯協会の女性部などが「詐欺に気をつけて」などと声をかけ、全国地域安全運動のチラシ、生島足島神社の「詐欺撲滅」のお札などを配布していた。