ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

「げんきまるこ産業フェスタ2023」開催!★シナノケンシが「ASPINA祭り」を初めて同時開催。

テーマ:上田市ニュース

 上田市丸子地域の商工業の祭典「げんきまるこ産業フェスタ2023」は21日、上丸子の上田市丸子文化会館セレスホール一帯で開いた。 
 同市と上田市商工会、JA信州うえだ、シナノケンシ㈱(ASPINA)など10団体でつくる実行委員会(小宮山陽一委員長)の主催。

 同会場でASPINA(金子元昭社長)が3回目となる「ASPINA祭り」を、初めて同時開催。「JAフェスティバル」も同時開催された。

 地域商店が取扱品を販売するブースや、工業製品開発・製造企業13社の製品を紹介した「ものづくり総合展」、長野工科短大と丸子修学館高校の手作り体験コーナー、丸子ライオンズクラブと丸子ロータリークラブの各出展など地域ぐるみで盛り上げ、大ホールでコンサートも行われ、多数の来場者でにぎわった。

 開会式で小宮山実行委員長は「コロナ禍などで中止を経て昨年からは同会場で開くようになり、今まで以上にスケールアップした。フェスタを通して地域に元気と活力を与えたい」とあいさつした。

【開会式のテープカット】

【丸子修学館高校の体験コーナー】

【賑わう会場の様子】

◆「ASPINA祭り」

【ものづくり総合展のシナノケンシのロボットハンド】
【ASPINA祭りの工場見学などの受付】

【シナノケンシ有志のラクーンバンド】

 

 ASPINA祭りは工場見学や太陽観察、ペーパークラフト体験などを行った。
 同祭りは2018年に「シナノケンシ祭」として初開催。
 翌19年の開催後に「コロナ禍」で中断。 
 昨年、再開された「産業フェス」との今年の同時開催に際して名称変更された。
 また、ASPINAは、ものづくり総合展にも自社開発のロボットハンドを出展。
 多くの見学者に注目されたほか、大ホールのコンサートに社内の音楽愛好者らでつくる「ラクーンバンド」が出演した。

◆コンサート

【全国合唱コンクールに出場する丸子中央小学校合唱クラブに贈呈。
久保山・丸子ライオンズクラブ会長(左端)
、田中・丸子ロータリークラブ会長(右端)】
【丸子中央小学校合唱クラブ】
【丸子中学校吹奏楽部】

 コンサートでは、11月に福岡県で開く全国合唱コンクールに県代表として出場する「丸子中央小学校合唱クラブ」が美しいハーモニーを披露。
 丸子中学校吹奏楽部などの演奏やエレクトーン奏者「826askaさん」のライブもあった。

 また、同合唱クラブの遠征を応援しようと、丸子ライオンズクラブ(久保山修会長)と、丸子ロータリークラブ(田中利幸会長)が、同小保護者会(山﨑恵会長)へそれぞれお祝い金を贈った。
 久保山会長(69)と田中会長(65)は「地元の子どもの活躍を期待する」。
 山﨑会長は「温かい応援を糧に子どもらが練習成果を発揮し、成果を出してほしい」と願っていた。