ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田地域広域連合消防本部は上田市のアリオ上田屋外イベント広場で「消火を体験する広報イベント」を開く!★「秋季全国火災予防運動」に合わせ

テーマ:上田市ニュース

【防火服を試着して「はいポーズ」】

 上田地域広域連合消防本部は「秋季全国火災予防運動」(9日~15日)初日の9日、上田市天神のアリオ上田屋外イベント広場でトライアルバイク乗車や水消火器による消火などを体験する広報イベントを開いた。

 訪れた子どもたちは火災や事故の時に消防隊や救急隊を指揮する指揮隊車に乗って大興奮。
 署員に教わりながら心肺蘇生法も体験した。

 東御市御牧原の阪田靖さん(59)は、防火服やヘルメットを試着した孫で3歳の凪ちゃんの姿をスマートフォンで撮影。
 凪ちゃんは満足そうにポーズをとっていた。

 生後11カ月の長男と買い物ついでに立ち寄った坂田美玖さん(30)は「子どもに手がかかるので、コンロの火の付けっぱなしには気をつけたい」と話していた。

 同消防本部警防課の渡邊隆係長は「暖房器具を使い始める時期なので火の取り扱いには注意してほしい。天ぷら鍋の火の消し忘れやコンセントのたこ足配線、火災警報器の電池切れにも気をつけていただきたい」と呼びかけている。

 同消防本部管内で今年発生した火災は、8日、現在で60件。
 前年同期比11件減。