ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

ウインターイルミネーションでSDGs「海の豊かさを守ろう」をテーマにした「光のアクアリウム」が上田市三箇所で点灯! ☆丸子中央病院の正面玄関付近一帯で点灯式!

テーマ:上田市ニュース

【光り輝くイルミネーション(正面玄関北側)】

 上田市の丸子中央病院(丸山和敏理事長)、上田女子短期大学(小池明学長)、アリオ上田(森孝之支配人)が協力し「光のアクアリウム」を初めて企画。
 24日に丸子中央病院の正面玄関付近一帯で点灯式を行った。
 学生のアイデアによるウインターイルミネーションでSDGs「海の豊かさを守ろう」をテーマにしている。

 丸子中央病院でのウインターイルミネーションは、今回で9回目。
昨年から上田女短の学生が関わり、今年は同じテーマで25日からアリオ上田。
26日から上田女短でもイルミネーションを点灯。
SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」の同じテーマによるイルミネーションが上田市内に広がった。
 丸子中央病院では、さらにSDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」も含まれている。

 丸子中央病院では、正面玄関の北側に海をイメージしてペンギンや魚、ウミガメ、南側にクラゲなどのイルミネーションを学生がデザイン。
 上田女短では「信州上田に夜の水族館を」としてクラウドファンディングも実施した。

 点灯式には上田女短のイルミネーションデザインチームの6人の中から総合文化学科1年の鷹野里香さんら学生3人が訪れ、テーマについて「夏から取り組んできた。テーマはSDGsに関係したものとして、長野県は海がないため、海のプラスチックごみの問題への関心が低いと思い、イルミネーションで関心を高めてもらいたい」と説明。

 病院を彩る点灯した輝くイルミネーションに喜ぶ子どももいた。

 丸山理事長は「若い皆さんの発想で良いと思う。地域で同じテーマで行うのも良い。皆さんに楽しんでもらいたい」と話していた。

 丸子中央病院では、2月29日までの夜9時頃まで点灯。
 アリオ上田では、2月14日までの夜11時頃まで。
 上田女短では2月29日まで点灯。

 丸子中央病院のイルミネーションを撮影し、SNSで同病院の「X」(@marukohosp)をフォローして「#丸中イルミ」のハッシュタグで投稿するフォトコンテストを1月24日まで行う。
 入賞上位10人に商品券、食事券などをプレゼントする。
 選考結果は1月末にホームページで発表。
 https://maruko-hp.jp/informations/illumination2023/
 フォトコンテストの対象は丸子中央病院のイルミネーション限定。