ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市が資源循環型施設周辺まちづくり整備で「市民アンケート」<上田市議会12月定例会・開会>2023

テーマ:上田市ニュース

 上田市議会は27日、12月定例会を開会し、市は条例案7件、予算案6件など23議案を提案した。

 開会の提案説明で土屋陽一市長は、資源循環型施設建設に関連した施設周辺整備による地域のまちづくりについて「地域の皆さまのご意見やアイデアをお聞きするため、10月からワークショップを実施。今後は市民アンケートも行い、魅力ある親しみやすい施設の整備に向けて計画を進める。庁内では副市長をリーダーとするプロジェクトチームを立ち上げ、全庁体制で建設に向けた課題解決を図る」とした。

 改築を進めている第二学校給食センターについて、来年1月の3学期から給食提供を行う。
新たに専用調理室による食物アレルギー対応食の提供も進める。
食育のため調理の様子を見学できる窓や「郷土食を学ぶスペース」も設けるとした。

 上田市・千曲市広域シェアサイクル事業について、令和3年度から社会実験の3年目。
1日あたりの利用が1年目より5・8倍に伸びているなどの成果から、社会実験から来年度以降の導入に向けて検討、調整を進めるとした。

★公の施設使用料の基本方針策定で
 統一基準がないことや社会情勢の変化が反映されていないこと。
 使用料などと市の負担の割合に不均衡が生じていること。
 このようなことから策定した基本方針をもとに各施設の使用料などの算定作業に取りかかり「使用料などの見直し」を進めるとした。

 来年度に「全国棚田(千枚田)サミット」を上田市で開くことから、稲倉の棚田保全委員会と連携して近日中に実行委員会を立ち上げるとした。

◆条例案では
 ・マイナンバーカードの電子証明書をスマートフォンに搭載できることから、スマートフォンによるコンビニエンスストアなどで印鑑登録証明書の交付を可能とする条例改正。
 ・西内保育園や西内子育て支援センターの廃止。
 ・上田市立産婦人科病院事業の廃止。
 ・真田林業就労者住宅の廃止ーなど。

◆公有財産の無償譲渡では
 ・市立産婦人科病院立体駐車場と連絡通路を、国立病院機構に譲渡するもの。市立産婦人科病院の建物は検討中。
 ・赤井と角間で防災や消防関連の建物を地元自治会に譲渡する。 
 ・上田市の特定事務を取り扱う郵便局の指定から、西内、塩川、菅平の各郵便局の指定を取り消すもの。

 会期は12月18日までの22日間。

★主な日程は次の通り。
 ▽4日から6日 一般質問(各日午前9時半から)
 ▽8日 総務委、教育厚生委
 ▽11日 産業環境委、市民建設委
 ▽18日 本会議・採決