ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

県軽自動車協会上田支部が上田市社会福祉協議会に現金50万円を寄付!

テーマ:上田市ニュース

【右から宮之上会長、竹内支部長、柳澤副支部長、成澤監事】

 長野県軽自動車協会上田支部(竹内敬三支部長・11社)は、このほど「上田市社会福祉協議会」に現金50万円を寄付した。
 竹内支部長と柳澤浩副支部長、成澤啓輔監事が市社協を訪れて、宮之上孝司会長に目録を手渡した。

 同支部は1955年に発足。
 会員相互の情報交換や交通安全運動推進、地域貢献活動などに取り組んできた。
 しかし、来年2024年3月末での解散を決定。
 「会員の強い要望」で運営資金の残金を市社協に贈ることを決めたという。

 竹内支部長は「67年間活動を続けてきたが、時代の経過とともに会員減少や高齢化が進み、今後は県自動車販売店協会や県自動車整備振興会に活動をゆだねて支部を解散することとなった。(寄付金は)社会福祉のために有効に活用していただきたい」とあいさつ。

 宮之上会長は「歴史ある団体が解散するにあたり福祉に目を向けていただきありがたい。浄財は地域福祉活動の充実に役立たせていただきます」と感謝した。