ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市で「二十歳を祝う式(旧成人式)」が開かれる! ★市内7会場で

テーマ:上田市ニュース

【上野が丘公民館会場に集まる対象者】

 上田市と市教委、対象者有志でつくる実行委員会は、7日「二十歳を祝う式(旧成人式)」を、市内7会場で開いた。
 今年度20歳となる若者が、晴れ着やスーツ姿で集い再会を喜ぶとともに節目を祝った。

 対象者は2003年4月2日から2004年4月1日までに生まれた、市内在住者や出身者ら。
 今年の対象者数は「1468人(昨年比29人減)」で、1100人が出席。
 会場ごとに対象者の有志が実行委員となり、企画や運営などに携わった。
 昨年までは「新型コロナウイルス感染症対策」を踏まえた内容だったが、今回は「ほぼコロナ禍前」に戻している。

 上野が丘公民館会場は第五中出身者が対象。
式典前のアトラクションとして、ビデオメッセージ、思い出スライドショー、恩師あいさつがあった。

 式典では土屋陽一市長による式辞、祝電披露、記念品贈呈、成人代表の「誓いのことば」などを実施。
式典後には記念撮影を行った。

 誓いのことばを発表したのは、市内在住学生の遠田圭祐さん。 地域貢献ができる消防職員を志望して学業や体力づくりを重ね、来年度から消防職員として働くことが決まったといい「まだスタートラインに立っただけ、これからも努力を積み重ねていきたい。それぞれが違った道を歩いていくなかで、私たち一人ひとりが自分の行動に責任を持ちつつ、社会の一員である自覚を持って進んでいく」などと述べた。

 この会場の実行委員長は、来年から社会人となる市外学生の神林知生さん。
 「公民館には日々お世話になっている。働きだすと公民館の活動にはあまり参加できなくなるかもしれないので、恩返しも兼ねて実行委員をやろうと思った。皆さんの思い出になるよう、ミスのないように努めた」と話した。

★各会場の対象者と出席者は
 ▽上田文化会館(第一中、第二中、第三中)、対象者445人(出席者308人)
 ▽上田創造館(第四中、第六中)、対象者352人(出席者276人)
 ▽上野が丘公民館(第五中)、対象者145人(出席者112人)
 ▽塩田公民館(塩田中)、対象者215人(出席者143人) ▽丸子文化会館(丸子中、丸子北中)、対象者196人(出席者148人)
 ▽真田中央公民館(真田中、菅平中)、対象者92人(出席者89人)
 ▽武石公民館(依田窪南部中・武石小)、対象者23人(出席者24人)。