ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

貴山流貴山観桜み社中が「新春日舞」2024を上田市サントミューゼで開く! ★同社中18人が練習の成果を披露

テーマ:上田市ニュース

◆出場者全員で踊る「真田ざくら」

【「武田節」を踊る5歳から10歳までの児童4人】
【天神様の梅の花を踊る7歳の室賀緋之輔くん】

 貴山流貴山観桜み社中は「第12回 新春日舞」を12日、上田市のサントミューゼ小ホールで開いた。
 同社中18人が練習の成果を披露した。

 オープニングは会主の貴山流 家元直門総師範、貴山観桜み(高田みち子)さんが長唄「牡丹雪」を踊った。
 続いて客席と舞台の袖から出演者全員が登場。
 「真田ざくら」を華やかに披露した。

 出演者は踊る曲目に合わせた衣装で次々に披露。
 中盤には5歳の小須田紗衣ちゃん、7歳の金子ななみちゃん、8歳の小須田みりちゃん、10歳の小須田理人くん4人が登場。
「武田節」を披露すると会場からひときわ大きな声援が起こった。

 また、7歳の室賀緋之輔くんは「天神様の梅の花」を女児の姿で踊った。

 9歳の金子ことみさんは「山鹿恋灯り」を披露した。

 最後に「別所温泉旅情」を全員で踊った。

 会主の貴山観桜みさんは「年頭から痛ましい事故が相次ぎ、暗いニュースが多い。本日は色々忘れて一時を楽しんでいただければ」と話した。