ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田薬剤師会が「薬局実務補助」研修会を上田薬剤師会会館・会営薬局で行う!

テーマ:上田市ニュース

【「薬局実務補助」研修会の様子(上田薬剤師会提供)】

 上田薬剤師会(飯島康典会長)は、このほど「薬局実務補助」研修会を上田市国分の上田薬剤師会会館・会営薬局で行った。
 長野県外を含めて28人が参加した。
 同研修会は、薬剤師の業務を補佐する調剤助手のために行った。

 調剤助手は、薬剤師の指示により調剤業務の一部を担う調剤薬局のスタッフで、欧米では「ファーマシーテクニシャン」として専門職になっている。

 薬剤師の本来業務である「患者への服薬指導など対面業務を充実させるため」。
平成31年4月厚生労働省の通知「調剤業務のあり方について」で、実施可能な業務の基本的な考え方を示した。

★業務としては
 ▽処方箋に記載された「医薬品(シート状など包装されたままの状態)」の必要量をそろえる
 ▽一包化した薬剤の数量の確認
 ▽調剤に該当しない業務として、納品された医薬品を調剤室の棚に入れることや、調剤済みの薬剤を患者のお薬カレンダーや、院内の配薬カートなどへ入れるーなど。
 
 通知では、その役割を担うためには研修などを行うこととしている。

 上田薬剤師会では、通知のあった同年8月に「非薬剤師による準備行為」研修会を開いたが「新型コロナウイルス」で延期していた。
 「新型コロナが5類感染症」に移行したことから、名称を「薬局実務補助」研修会として再開することになった。

 研修会では、法規関係や医療安全について同会の大沢雄介常務、山浦知之専務が講義。
 実務の実習として、会営薬局で薬剤の取りそろえや、検品作業、お薬カレンダーへのセットなどを行った。

 研修修了者のため、修了証の発行「薬局実務補助」の腕章のあっ旋も行い、研修を受講したことが患者らにもわかるようにし、「法改正などの変化」に対応する継続的な研修も行う。 

「薬局実務補助」研修会の様子(上田薬剤師会提供)