ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市の公共下水道施設で運転維持管理業務を行っている(株) ウォーターエージェンシーが上田市に100万円を寄付! ★「企業版ふるさと納税制度」を活用

テーマ:上田市ニュース

【寄付で訪れた竹中部長(左から2人目)と菱田センター長(左)】

 上田市の公共下水道施設で運転維持管理業務を行っている(株) ウォーターエージェンシー(東京都新宿区、榊原秀明社長)は、このほど「企業版ふるさと納税制度」を活用して100万円を上田市に寄付した。
 上田市役所で贈呈式を行った。

 (株) ウォーターエージェンシーは、昭和28年創業で「上下水道インフラの運営・水マネジメント」や「水オペレーションシステムの設計・開発、水処理プラントの再構築」などで全国展開している。

 上田市の公共下水道にはスタート時の昭和49年から関わっている。
 「令和6年能登半島地震」では、災害応援協定の有無に関わらず北陸地方へ給水車派遣。
下水道施設の緊急点検などの支援を行っている。
 給水車派遣では上田市を経由、長野県の社員も支援に向かった。

 上田市への寄付は4年連続。

 贈呈式には執行役員の竹中真部長と、長野北オペレーションセンター(長野市松岡)の菱田英之センター長が訪れた。

 竹中部長は「企業理念として『すべては公益のために』を掲げている。上田市で取り組む資源循環型施設建設やゼロカーボンシティに役立ててもらいたい」と寄付金を贈呈した。

 感謝状を贈呈した土屋陽一市長は「上田市の終末処理場で尽力いただいている。処理場施設整備で外構工事に大切に活用したい」と礼を述べた。

 外構整備は、今年度事業で上田終末処理場に門扉を設置するもので、事業費は372万円余。