ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市が「シェアサイクル社会実装へ」!<上田市議会3月定例会・当初予算>2024

テーマ:上田市ニュース

 上田市は19日、令和6年度当初予算案などを発表した。

 20日付け掲載以外の事業では、令和3年から5年度に社会実験として行った「シェアサイクル」。
 令和6年度からは「社会実装」を行うための負担金で800万円。
 令和6年度のシェアサイクルは4月から11月と、3月に行う。 自転車に関連して、新参町線520mに自転車通行空間として路肩に「矢羽根・自転車マーク」の表示を施す事業に600万円。

 平和記念事業として、本庁舎敷地に平和のシンボルとして「平和の灯モニュメント」を設置する計画で、実行委員会による検討と、設計のために78万円。

 「武石地域の空き店舗・空き家活用支援の過疎対策事業」では、武石地域の生活複合拠点区域で、定住人口の維持や暮らしやすい地域づくりの推進のため、空き店舗などの改修費の1/3、上限150万円を補助。事業費は300万円。

 マルチメディア情報センター機能を東庁舎に移転し、市民ICT支援センターを整備するため、改修工事に着手する整備事業に1億3182万円。

 提案する犯罪被害者等支援条例に基づき、犯罪被害者らへの経済的な支援で、日常生活支援給付金、遺族見舞金、重傷病見舞金で150万円。

 市立産婦人科病院の閉院に伴い、信州上田医療センターの周産期医療への財政支援に2000万円。
清算業務や旧産院解体事業の実施設計に1092万円。

 資源循環型施設建設関連で、建設予定地周辺整備基本計画の策定業務委託や、周辺道路の予備修正設計業務委託、道路地質調査業務委託に1990万円。

 上田市で10月開催予定の「第29回 全国棚田サミット」の実行委員会への負担金として300万円。

 上田城跡公園や上田駅、柳町周辺の市街地エリアで回遊性を高める街づくりのため、上田城城下町エリアビジョン策定事業に200万円。

 令和8年度から12年度の新たな空家等対策計画策定のための事業費が1676万円で、空家実態調査を行う。  

 西内小が丸子中央小に統合されることから、平井、西内、鹿教湯温泉地区の児童が通学するため「新たなスクールバス運行」に637万円。

 青少年育成推進指導員の廃止に伴い、自治会・分館が主体的に青少年の課題などの学習を支援する事業に195万円。

 令和10年に長野県で開催予定の「国民スポーツ大会」の推進に向けた準備会の立ち上げや広報・啓発活動に250万円。
 上田古戦場公園テニスコート整備に2億8650万円。

★その他の主な事業として
 ▽交流文化芸術センター・サントミューゼの開館10周年の事業(1億2544万円)
 ▽市の業務の効率化や作業時間の短縮化のため生成AIシステムの導入(66万円)
 ▽地域内分権の確立で課題解決に対応する経費(9000万円)
 ▽住民自治組織への交付金(6555万円)
 ▽マイナンバーカードによりスマホなどから税証明書などの電子申請、電子決済を可能にし、郵送で受け取るオンライン申請(2万円)
 ▽国保事業特別会計繰出金(11億5434万円)
 ▽医療的ケアが必要な重症心身障がい児・者を受け入れる施設の支援(600万円)
 ▽18歳以下への福祉医療費給付事業(9億3050万円)
 ▽介護保険事業特別会計繰出金(25億1153万円)
 ▽旧東内保育園の解体工事費(3753万円)
 ▽民間保育所施設整備の補助金(1億759万円)
 ▽生活保護費(16億5800万円)
 ▽健康管理システム管理事業(1640万円)
 ▽上田市霊園に合葬式墓地整備(475万円)
 ▽地球温暖化対策設備として太陽光発電、太陽熱利用、蓄電、断熱、V2Hの導入補助(5000万円)
 ▽有機物リサイクル施設整備の事業者選定アドバイザリー業務委託料などの経費(7961万円)
 ▽ひきこもりやニートなど若者の自立・定住促進事業(2700万円)
 ▽スマート農業実証事業推進負担金(460万円)
 ▽有害鳥獣駆除報償金(2947万円)
 ▽森林整備施業プラン作成(444万円)
 ▽自治会周辺の森林の保全・維持の事業交付金(300万円) 
 ▽デジタル人材の育成など地域活力創生女性人材育成事業(495万円)
 ▽池波正太郎「真田太平記」執筆50年記念事業(330万円) 
 ▽除雪オペレーター育成支援(20万円)
 ▽市道新設改良(2億3610万円)
 ▽ブロック塀等除去事業補助金(150万円)
 ▽消防団車両の更新で第20分団の消防ポンプ車、傍陽と武石西部分団の小型動力ポンプ付軽積載車など(4530万円)
 ▽耐震性貯水槽整備事業・宮之上、石神、上室賀、沢田の4基(4000万円)
 ▽第五中学校改築事業(5026万円)
 ▽開館20周年の上田情報ライブラリー記念事業(23万円)
 ▽博物館に多言語音声案内システム導入(18万円)
 ▽学校給食費の増額分の負担軽減事業(5182万円)

   ◇  ◇

 今年度一般会計補正予算案第10号は、24億9315万円を追加。
 第五中学校改築事業で、国の第一次補正予算に伴い、基本・実施設計委託料や建設等工事費で「令和6年度分を前倒しし」18億2970万円。

 国の第一次補正予算関連では、小学校施設整備で「川西小と浦里小のトイレ改修」や「川辺小の給食室解体」に1億2659万円。

 第二学校給食センター改築事業費の既存施設解体工事に1億7270万円。

 「長野県営農村地域防災減災事業・地域ため池総合整備」の西塩田地区に407万円など。

 土地開発公社の簿価と売却額の差額補填で踏入大屋線代替地など1571万円。

 18歳まで拡大した福祉医療費給付事業の確定見込みよる追加計上で9141万円(補正前8億6055万円から9億5197万円に)。

 令和4年度分国庫支出金の清算調整でワクチン接種体制確保事業費補助金などに3億7567万円。

 補正後の一般会計予算額の総額は809億円余、前年度比5%増となる。