ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

チョウ「アサギマダラ」が飛来する見込み! ★長和町長久保の「愛宕さんさくら公園」内のフジバカマ畑。「愛宕さんの会」が広く来園を呼び掛け

テーマ:お知らせ

【公園入り口の看板と同会メンバー】
【愛宕さん桜公園のアサギマダラ(資料写真)】

 長和町長久保の「愛宕さん桜公園」内のフジバカマ畑に、今月20日から10月10日ごろまで、長距離を移動することで知られるチョウ「アサギマダラ」が飛来する見込み。
 公園を整備している「愛宕さんの会」は、広く来園を呼びかけている。

 アサギマダラは、美しい翅で優雅に舞う、比較的大型のチョウ。
日本を縦断するように長距離を移動する習性があり「渡りチョウ」とも呼ばれている。
日本から海を越えて台湾まで渡る個体も存在するという。

 この公園は平成23年、地元有志でつくる同会が荒廃地を整備して作った。
目的は、荒廃地解消と景観美化で、広さは2・5ha以上。
園内にはサクラやハナモモなど四季折々の植物が植えられ、きれいな花が咲く公園となっている。

 平成27年に同会は、アサギマダラが好む多年生植物フジバカマを植え「誘蝶」を図った。
数年後には、多ければ100匹前後の「アサギマダラ」が舞うスポットとなっている。
今年も継続してアサギマダラが飛来する見込みだ。
フジバカマ畑は1ha程度あり、近隣では最大級の広さ。

 同会の竹内英和会長は、今後は学習の場として小学校などにも来園を呼びかけたいという。
将来に向けては、現在のきれいな景観を維持していく必要があり、整備に協力してくれるメンバーを町内外から募っている。

 アサギマダラ飛来については「秋の七草フジバカマの花から花へと舞う姿はとても優雅で、他のチョウでは見られない。自然の営みに触れあいにきてほしい」と話している。

 公園の場所は長久保13区団地隣り。
 駐車場有、トイレ無し。
 鑑賞や撮影などは自由だが、補虫網の使用は禁止。
 問い合わせ(電話)090・2334・6537(竹内さん)